2019/10/05

上前腸骨棘(骨盤の出っ張り)が痛い!?原因を突き止め治す整体院

 

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

相模原市淵野辺で”からだの悩み”を解決する姿勢矯正・改善を得意とする整体サロン千代代表の井口陽介です。

骨盤の出っ張っている部分が痛い!!

色々調べると、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)というところらしい。

でも痛みの原因は全くわからない。骨盤が歪んでいるのかもしれない。

近くの接骨院で骨盤矯正をしたけれど、よくならない。

 

そんなあなたに、知ってもらいたいことがります。

 

こんにちは。相模原の整体サロン千代です。

 

上前腸骨棘の骨は痛みを感じない事実

骨が痛い・・・と感じることがあるので、骨が痛いと皆さん思っているでしょう。

実際のところ、骨は痛みを感じません。

骨自体には痛みを感じるセンサー感覚受容器がほとんどないんです。つまり、痛いと感じるのは骨ではなく、骨にくっついている骨膜や、筋膜、筋肉、靭帯といった周辺組織の痛みだと考えられます。

ということは、あなたが今感じている骨盤の出っ張り部分(上前腸骨棘)の痛みの原因は、筋肉、筋膜などが原因の可能性が非常に高いわけです。(ものすごく強く強打した場合は、骨折やヒビや打撲といった可能性が考えられますが・・・)

骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)の痛みを筋肉から考えた場合

赤い丸の部分が上前腸骨棘(ASIS)の部分です。ここが痛い人が多いです。

まずすぐに考えられる痛みの原因は7つあります。

それは、骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)付近を走行している筋肉が原因のケースです。

上の図の囲んだ部分が上前腸骨棘(ASIS)になります。そこを走行している筋肉が7つ。

  • 大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)
  • 大腿直筋肉(だいたいちょっきん)
  • 大臀筋
  • 腸腰筋
  • 外側広筋
  • 縫工筋

これらの筋肉は、骨盤の出っ張り( ASIS)にくっついている、または、その近くを通っている筋肉です。つまり、これらの筋肉や腱が硬くなったり、緊張した状態が続いていると痛みが出てくる可能性があります。

 

骨盤周りを上手にほぐしてくれる便利なグッズがあります

「パナソニック エアーマッサージャー 骨盤おしりリフレ」です。

骨盤周りを自動でマッサージしてくれるので、手軽に毎日骨盤周りのケアを行うことができます。

骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)の痛みの原因を掘り下げて考えた場合

上前腸骨棘(ASIS)の痛みを考える限り考えてみました。整体師としての意見です。ここが痛い人は参考にしてみてください。

上記の原因7つの筋肉を調整しても痛みが改善しない場合は、反対側を考える必要があります。

なぜなら、反対側の足の筋肉が緊張すると骨盤が歪みます。その歪みの矛先が反対側の骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)に影響している可能性があるからです。ですので、さらに2つの原因を探っていくことが必要です。

  • 反対側の足の筋肉
  • 骨盤の歪み

整体サロン千代ではこのような考え方で、お客様の体の痛みの原因を探り、調整し、痛みを改善させ続けています。

こちらの記事もおすすめです

↓↓↓↓↓

筋肉が硬くなる3つの原因とメカニズム

骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)の痛みを自分で軽減させる方法動画

あなたの骨盤の出っ張りの痛みを今すぐなんとかしたいとお考えでしたら、まず自分で動画と一緒に筋肉をゆるめることを行なってみてください。

お尻の筋肉(中臀筋、小臀筋)

太ももの筋肉(ハムストリングス)

原因にアプローチすることで、痛みは大きく改善されていきます。

整体サロン千代で、原因をしっかり見つけ出し、つらい痛みを改善させませんか?

骨盤のでっぱりの痛みを改善させた整体院

ず〜っと骨盤のでっぱりが痛くて悩むあなたへ

骨盤の出っ張りの痛みを一人で悩んでいませんか?

骨盤の出っ張りの痛み!当院のBM整体がお役にたてます

当院独自のBM整体で体の全身を検査していき不調の原因を紐解いていきます。

こちらの記事もおすすめです

↓↓↓↓↓↓↓

「BM整体の詳細を読んでみる方はこちらをクリック

骨盤の出っ張りが痛くなってからの期間や、痛みの度合い、生活習慣などによっては、簡単に治ってしまいます。

逆に、長期間骨盤の出っ張りに痛みを感じていたり、仕事の疲れが溜まっていたり、暴飲暴食をして、睡眠不足だったりすれば、自分でほぐしても良くならない可能性もあります。そんな時は、相模原の整体サロン千代にご相談ください。あなたの痛みの解決法をお教えします。

骨盤の痛み、骨盤の出っ張りの痛みがよく出る場所は6つ

骨盤の痛みでご相談に来られるお客様は非常に多いです。特に6つの場所のどこかが痛いと相談されるケースが多い印象です。こんな名称の部分。

  1. 仙腸関節(せんちょうかんせつ)
  2. 仙骨(せんこつ)
  3. 尾骨(びこつ)
  4. 腸骨稜(ちょうこつりょう)
  5. 上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)、ASIS
  6. 上後腸骨棘(じょうごちょうこつきょく)、PSIS

骨盤の痛みは他の部分も原因の考え方は同じ

骨盤の他の部分も痛いなんて場合でも、原因を探り治していく。その考え方は先ほどの骨盤の出っ張り(上前腸骨棘)と同じです。

痛い場所と関係や繋がりが深い筋肉をまず疑います。それでも改善しなければ、反対側の足、骨盤の歪みといったかんじで、見ていく視点を広くしていきます。そうすることで、体全体から痛みにアプローチすることができ、痛みが改善するケースがほとんどだと今までの施述経験から自信を持ってやっています。

骨盤の出っ張りが痛いには体の繋がりからアプローチしていくことが大切

一般的には骨盤の出っ張りが痛いとこんな治療をされていませんか?

  • 電気・マッサージ
  • 骨盤矯正
  • 湿布
  • 痛み止め薬

このような治療法でよくならなかったのであれば、原因を探るアプローチを変えていく必要があります。

 

それが、体の繋がりから原因を探っていくアプローチ方法です。

体のつながりというのは?

体のつながりというのは、簡単に説明するとこうです。上の図を見てください。

例えば、右肩が痛いとします。その時の原因は肩ではなくて、手で引っ張っている部分が痛みの本当の原因です。

この引っ張られた影響がどこまで伝わっているでしょうか?図を見ると反対側の肩にまでシワがよって引っ張られているのがわかると思います。

このように、筋肉や筋膜が硬くなることで体のつながりの深い離れた部位にまで緊張が伝わってしまうのです。

痛みの原因を考えていく上で、このような体の複雑な連携を考えることはとても重要です。特になかなか治らないような痛みを抱えてらっしゃる方はシンプルな原因ではなくなっており、複雑な体のつながりが原因を分かりづらくしてしまっています。

この筋肉のつながりを考えていくことを得意としているのがパーソナルトレーナー千代の施述です。骨盤の出っ張りである上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)に付着している筋肉の影響を考えて治療を行なっていくことで、痛みは軽減していくでしょう。

まだ、このようなアプローチを試したことがないのであれば、チャンスです。痛みがあっという間に改善する可能性が残っています。そんなチャンスを手にいれて、痛みのない生活を取り戻しませんか?

ブログを見たといっていただければ!

まずは受けてもらいたいから

初回施術料金は

10800円→3980円で

ご利用いただけます

 

「口コミ広がるスゴ腕の院長10人」として雑誌掲載されました!

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
 

Copyright© 相模原の整体で雑誌掲載された , 2018 All Rights Reserved.