2019/03/17

ダンスで踊ると膝が痛い!本当の原因は膝になかった!?新たな方法で膝の痛みを治し続ける整体

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。

こんにちは。

スポーツクラブやジムでエクササイズとして人気なのがダンスですね。タンゴダンス、ジャズダンス、ヒップホップダンスと色々なジャンルがあって音楽に合わせて体を動かすのはとっても気持ちいいです。

 

でも、膝が痛くなってしまうと

楽しいダンスも楽しくない!

 

痛い膝を我慢してダンスをすれば、腰や股関節を痛める原因ともなるので、つらい膝の痛みは我慢せずにきちんと治して欲しいです。

今回は膝をダンスで痛めてから全然治らないくて困っていた方が、たった2つの筋肉を緩めるだけで膝痛が治ってしまったということがあったので膝の痛みでお悩みのあなたに参考になると思ってご紹介してきますね。

 

他にも膝でお悩みだった人の事例をご紹介しているので、合わせてお読みください。

 

キャンペーン中です!1日限定2名様限定!ご予約はお早めに!

まずは治る可能性を知ってほしいから

初回施術料金は

10800円→1980円で

ご利用いただけます

 

友だち追加

膝の痛みにお困りのあなたに知って欲しい痛みの原因

膝が痛いときに行う一般的な治療法はこんな感じではないですか?

  • 膝に湿布
  • 膝に電気、マッサージ
  • 膝を温める
  • 膝を安静にする

これでもあまり良くならないんですよね。2週間以上治らないのであれば別の原因を考えてみてください。

もし、膝に炎症などが起こっていて膝に痛みが出ているのであれば、2週間で痛みは軽減してくるからです。

2週間以上経過しても、痛みが変わらない。元に戻る、痛みが増している。

そんな、あなたは、膝の痛みの治療法を変えてみる必要性があります。

 

こうして膝が痛くなる!痛みが起こるメカニズム(簡単編)

膝に痛みが出てくるのは、膝が悪いのではありません!原因はもっと別の場所にあります!

簡単な膝の痛みが出てくる流れをご説明します。

膝に痛みが出てくる流れ(ダンス編)

① ダンスをする

② 膝以外の筋肉、筋膜が硬くなる

「なぜ、膝の痛みと3つの筋肉に関係があるのか?」詳しく知る

「なぜ、筋肉が硬くなるのか?」詳しく知る

③ 膝に負担がかかる

④ 膝が痛くなる

基本的にはダンスしていると負担がかかる場所が絶対にあります。しかも膝以外の部位です。その膝以外の負担がかかった筋肉、筋膜が硬くなることで、膝に負担がかかり、結果的に膝に痛みが出てきます。

膝の痛みばかりに囚われていると、原因が見つけられません。だから、膝に注目して治療を行う一般的な治療ではなかなか改善していかないわけです。

 

実際に膝の痛みが治った人の硬くなっていた2つの筋肉

先日整体サロン千代に来られたダンスで膝を痛めてしまったお客様は、原因を検査していったところ、こんな筋肉が原因でした。

足の裏の筋肉

 

足の裏の筋肉と筋膜は膝ととても関係の深い筋肉の1つです。

この部分が硬くなると、ふくらはぎ、アキレス腱の動きを悪くしてしまい、関節的に膝の動きに悪影響を及ぼしてしまいます。結果、膝に負担がかかり、膝がねじれたり、膝に地面からの衝撃が伝わり膝を痛めやすくしてしまいます。

ふくらはぎとアキレス腱周囲の筋肉

ふくらはぎと、アキレス腱周辺の筋肉も膝にとても影響を与える筋肉の1つです。ここもしっかりと緩める必要があるのですが、一般的には小さい筋肉ですので自分で緩めるのが難しい部分でもあります。

ふくらはぎの筋肉の少し上には、足底筋や膝窩筋という小さい筋肉があります(上の写真を参考)。これらの筋肉が固まってしまうことで、膝の曲げ伸ばしがスムーズでなくなり、引っかかりを感じたり、膝自体がねじれる(歪む)状態になりやすいのが特徴です。

膝が痛い時には、これらの筋肉も合わせて緩めてあげる必要があります。

この2つの筋肉を緩めたら膝の痛みがよくなった!

今回の膝痛のお客様の事例では、この2つの筋肉、筋膜の硬さが原因で膝に痛みが出ていました。しかし、あなたの膝痛みの原因は同じとは限りません。

あなたの膝の痛みの原因はどこにあるのか?

その原因を検査して悪くなっている部分を改善させるのがパーソナルトレーナー整体千代の得意とするところです。また、当院では自分自身で膝の痛みを予防していくストレッチ、体操、マッサージ方法などもお教えしております。

ダンスで痛めた膝を改善させるための自分でできるセルフケアの方法をよかったら読んでみてください。

やっぱり膝の痛みの原因は膝にはない

膝の痛みを治していくときに注目していくのが、膝以外の筋肉です。

先ほどご説明しましたが②に注目する必要があります。

①ダンスをする

膝以外の筋肉、筋膜が硬くなる 

膝に負担がかかる

膝が痛くなる

 

あなたの場合、どこの筋肉、筋膜が硬くなるのか?

ダンスをしているときに、膝以外にどこの筋肉に負担がかかっているのかを調べて、それを整体で調整していくことで痛みは改善していきます。

では、どこの筋肉、筋膜が硬くなるのか知りたくありませんか?

答えは

人それぞれ違います。大まかな傾向はあるのですが、十人十色なんです。

この膝以外の筋肉のどこに負担がかかっているのかは、人によって違います。利き足、重心、体の癖や筋肉のバランス、体の歪みの状態などによって、負担のかかり方が変わってくるからです。

 

だから、どこの筋肉、筋膜が硬くなってしまうのかを検査する必要があります。

 

歩くと痛い膝痛の原因を見つけませんか?

整体サロン千代では、なかなか治らなかった膝の痛みに悩み続けているお客様の膝の痛みを改善してきた実績があります。

お客様の声はこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。