2018/04/27

腰痛を治す整体をお探しのあなたへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。

こんにちは。相模原の整体サロン千代です。

腰痛で悩んでいる人は50歳を超えると非常に多くなってくる印象があります。当院には10代から80代ま幅広いお客様がいらっしゃいますが、50代の女性で腰痛に悩んでいるお客様が多く来られています。

 

腰痛の痛みがつらい人のお悩み

「30代から原因不明の腰痛が続いていて、整形外科、接骨院、整骨院、鍼灸院、針、カイロ、マッサージ整体など、町田、橋本、相模原の色々なところへ行った。レントゲンやMRIでは骨には異常はないが、。運動不足、加齢が原因で腰痛になっていると言われるだけで、どこに行っても治らない・・・」とおっしゃるかたが多いです。

 

腰痛の痛みが改善しない原因は・・・

こうした腰痛の原因は、全身の体の歪み、筋肉の柔軟性のバランスの悪さ、関節の柔軟性の悪さ、または不良姿勢が原因の場合が多く、上半身が前傾または後傾しており、常に腰の部分に負担がのし掛っているために、腰周りの筋肉、腰椎、腰骨等が緊張し腰痛が慢性化してしまっています。

こうした腰痛は、いくら腰に電気マッサージを行っても、湿布を貼っても、痛み止めを飲んでも、腰痛は改善されません。それよりも、腰にマッサージや電気をし続けることで、刺激から自分自身の体を守ろうとしてさらに腰回りの筋肉を硬く強固にしてしまいます。そして、骨盤や腰椎まで負荷がかかってしまい、体の歪みをさらに悪化させ、腰痛も坐骨神経痛や椎間板ヘルニアといった手術しなければ治らないほど悪化させてしまうことがあります。

 

腰痛を治すためには?

こうした腰痛では、体全体の歪み、悪い姿勢を改善させていかなければ腰痛は改善されません。しかし、腰だけではなく体全体から腰痛を引き起こす原因を取り除いていくことで腰の痛みの症状が改善されていきます。

もちろん、この他ほかにも、筋肉が非常に硬くなっていたり、椎間板や関節変性、外傷性、姿勢性、ストレス、薬の飲みすぎなど腰痛の原因は様々です。腰痛では、「腰が痛いから腰をマッサージする」ではなく、「なぜ腰が痛くなってしまったのか?」ということを考え、痛みや腰の重さ、腰のこりの根本的な原因の改善が必要です。

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 腰痛を長年わずらっている
  • 腰が痛くて生活がつらい
  • 注射で痛みを誤魔化している
  • 10年後、自分の健康がどうなるか不安
  • 腰を揉んでも治らないと気がついた

もし、これらに1つでも当てはまるのでしたら、整体サロン千代がお役にたてます。

あなたの痛みの原因を体全体から探し出し、痛みの本当の原因を体の繋がりを使って見つけ、調整することで、痛みを解消させるお手伝いができます。

 

もし、あなたが1年以上もの間、腰痛で悩み、苦しみ、困っておられて、この痛みをなんとか治したいと思っているけど、いつも行くところは電気マッサージ。

今のままだと治らないと思ってきたあなたへ。

最新の経験からわかってきた太ももの痛み坐骨神経痛の本当の原因である、お腹やお尻の筋肉などの硬さ的確に調整してもらったことが1度もなければ、整体サロン千代の施術であなたのお悩みにお答えすることができます。

まずは1度、あなたの体の状態を整体サロン千代に見せに来てください。お電話お待ちしております。

どのような痛みであってもあきらめないでください。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

他にもこんな記事が読まれています。

 

腰痛の一般的な考え方

腰痛は、一般に、背中の中央から下部の痛みと定義されています。動けないほどの激しい痛みから、張りを感じたり、重さを感じたり、何となくだるいと感じる違和感まで幅広い症状があり、日本の全人口の約80%以上が腰痛を経験するともいわれています。

腰痛の原因は「筋肉、筋膜性の腰痛」「関節性の腰痛」「椎間板異常による腰痛」「内臓性の腰痛」「悪い姿勢による腰痛」「ストレス性の腰痛」「原因不明の腰痛」「病気による腰痛」などに分類されます。

腰痛の原因を分類すると概ね次のようになります。

変形性脊椎症

腰痛で整形外科を受診し、レントゲンやMRI検査で関節の隙間が狭くなっていることが確認されたときに医師から告げられることになる腰痛疾患です。いわゆる老化現象という言葉を言われ、起床時の痛みが強く、動いているうちに腰痛が軽くなります。特徴は、急に動いたり、後ろに反らす時の痛みです。

体の歪みと筋肉の硬さ、関節の硬さを正常にしていくことで腰痛を改善させていけます。

腰椎分離症

腰椎が関節突起間部というところで分離する腰痛疾患です。子供の頃の過度なスポーツが原因とする説が有力です。男性に多く、10代の発症も多いです。
ほとんどのケースで安静を言われ、分離部が癒合していなくても痛みが出なくなればスポーツに復帰できるという場合が多いです。再発予防には、腰部筋群の強化が効果的と言われています。

体の歪みと筋肉の硬さ(特にお尻、太もも)、関節の硬さを正常にしていくことで痛みを改善させていけます。

腰椎椎間板ヘルニア

加齢変化に伴い弱化した椎間板から内容物が脱出して(または椎間板自体が膨隆して)神経根を圧迫するために起こります。下肢の痛みや麻痺が生じます。
高齢では、椎間板全体が繊維化(内容物を含めて全体が一つに繊維化されます)され、内容物の脱出がなくなりますので、年代別では、20~40代に多い疾患です。10代及び50代の発症は、ともに10%程度との報告があります。
かなりの確立で自然縮小するといわれており、全体の50%程度は1ヶ月で腰痛を感じなくなるともいわれます。確定診断はMRI所見ですが、逆に、MRIで異常所見があっても腰痛を感じない人も多いです。

姿勢が悪さの根源にあります。根本原因から痛みを改善させていくには姿勢改善が必須になってきます。それをしていかなければ再発は防止できません。

腰椎すべり症

腰椎分離症から進行したものを分離すべり症、分離が認められないものを無分離すべり症といいます。重症化したものが変性すべり症で、この変性すべり症により腰部脊柱間狭窄症が起こります。
すべり症は、腰椎の土台である仙骨の前方傾斜によって起こります。肥満症では、腹部がせり出すために仙骨が前方に傾きます。

悪い姿勢による体の歪み、筋肉の硬さのバランスが崩れ、腰椎に負担がかかりすぎている状態にあります。姿勢改善、全身の歪みを整え、筋肉調整も必要ですが、痛みは改善されていきます。

腰部脊柱管狭窄症

腰椎すべり症や脊柱手術後に生じた瘢痕組織の形成などが原因になります。脊柱管内が圧迫されるために症状が現れます。一定距離を歩くと痛みや痺れのために歩行不能になりますが、少し休むとまた歩けるという、間欠性跛行の歩行障害がこの症状の特徴です。50メートル以下の歩行、下肢の筋力低下、排尿排便障害までに悪化してしまうと、かなり重症な状態です。

排尿障害までの重篤なケースは別ですが、歩行障害などの症状は改善していきます。姿勢、歩き方、全身の歪みを整えていくことがとても重要になります。腰ばかりに治療を続けても決して治らないことが多いです。検査をお勧めします。

内臓疾患由来の腰痛

胃、膵臓、大腸などの消化器系、腎臓、尿管などの泌尿器系、月経周期、子宮筋腫などの婦人科系疾患が腰痛を伴う疾患として知られています。さらには肝臓や横隔膜も腰痛の原因となるケースがあります。

内臓の不調により、周囲の筋肉が影響を受け腰痛になっているケースがあります。内臓整体を行うことで、体の循環を改善させ、内臓から腰痛を治していくことができます。また、筋肉と内臓との深い関わりもあるので、筋肉にアプローチしていくことで、内臓や腰痛も改善へと導けます。

ガン転移による腰痛

肺癌、乳癌、前立腺癌、子宮癌などが脊柱転移しやすいガンとして知られています。
ガンの治療歴があり、体重減少がみられる場合には検査をお勧めします。

ストレス性腰痛

ストレスによる腰痛の場合、自律神経系に問題が起こっています。このケースでは内臓整体、頭蓋整体といったより体の深い部分にアプローチしていくことで、ストレスの軽減、そして腰痛の改善へと繋がります。

炎症性疾患による腰痛

強直性脊椎炎、慢性関節リウマチ、ステロイド副作用による腰痛など。炎症性による腰痛の場合は、まずは安静にすべきではありますが、体の回復力を高めることで腰痛の改善を短期間で行うことができます。そのためには自律神経、内臓整体等を行っていきながら腰痛を改善させていきます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰の半数は疲労の限界を超えた時に起こります。筋肉が疲労の限界になってしまうと、同時に筋膜、関節、内臓、自律神経も機能が低下し、ぎっくり腰になってしまいます。
改善には体の表面から深部までの全身を調整していく必要がありますが、筋肉の影響を強く受けているので筋肉の調整だけでもすぐに改善していくケースが多いです。

しかし、体の深部まで調整を怠ってしまうと、繰り返しぎっくり腰を起こしてしまいます。再発防止のためにも全身の調整をおすすめします。

原因不明の腰痛

上記の腰痛に当てはまらないようなケースの腰痛です。原因不明だけれども痛い。その90%以上が筋肉由来の腰痛である可能性が非常に高いと考えられます。専門家でも見分けるのが困難なため、原因不明と言われどこにいっても説明不足で終わってしまうことが多いのがこの腰痛の特徴です。

原因不明の腰痛の場合は、特別な検査を行うことによって原因を細かく探していくことが可能です。腰痛には必ず原因が存在します。本当の原因を見つけ出すことで、腰痛改善へと短期間で成果を出していけます。

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。