ジムに通ったら腰痛になった!違いますよ!根本原因から治しましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

運動不足だからジム通いし始めたら腰痛になっちゃって・・

急に運動し始めたから痛みが出てきたのかなぁ?

もっと筋肉つけなきゃ!

 

それから2週間・・・・後

 

腰の痛みが全然ひかないし、なんかいつもの腰痛とは違う!?

そんな症状のあなたへ!

・腰痛を我慢して走ったりスポーツを続けている方

・腰に電気を当てたりマッサージを受けているのに腰痛が改善しない方

・ヘルニアと言われて野球やサッカーを諦めている方

に伝えたいことがあります。

その腰痛は、腰自体ではなくて、お腹、お尻、背中の筋肉を調整をすることで改善できます。

今回は、運動しているのに腰が痛くなくなった人の痛みをとるために必要なことを書いていきます。

ジムで運動したのが原因ではない!腰痛の本当の原因は・・・

よく運動不足だからと行って、ジムに通い始めたけれど腰痛になるなんて、間違ってます!

普通はジムに通うと腰痛や肩こりが治るって人が非常に多いです。

twitterでもジムに通ったら腰痛、肩こり解消!なんて人たくさんいます。

ジムに通い始めたからといって、腰痛になることはありません。

腰痛になってしまったのには、ちゃんと原因があります。

なぜなら、運動をするだけで腰痛になってしまうのでしたら、初めてスポーツを始めた人たちは全員腰痛になっているはずですが、ジムに通っている人たちは腰痛でない人もいますよね。

通い始めだから痛いのではなく、ちゃんとた原因があります。

それは、体の使い方が悪い、体が歪んでいることで、1つの筋肉に負担がかかりすぎてしまっているということです。

1つ1つ説明していきますので、読み進めてください。

腰痛の一般的に言われる原因

腰痛は整形外科や接骨院でみてもらうと、だいたい以下の原因を言われるケースがほとんどです。

そして、痛み止め、湿布、電気、けんいん、マッサージ等々の保存療法と呼ばれる「様子をみましょう」です。

実際にお医者さんも腰痛についての原因をこう述べています。

  • 身体的影響
  • 長時間同じ姿勢でいる仕事、運動不足、肥満、冷え症など
  • 心理・社会的影響
  • ストレスの多い職場、家庭内不和、不安、不眠など
  • 神経の障害

腰痛症監修:福島県立医科大学医学部 整形外科学講座主任教授 紺野 愼一 先生参照:https://toutsu.jp/pain/yotsu.html

実際には、みなさん口を揃えて、こう言われたといっています。

  • 腰に負担がかかっている
  • 運動不足
  • 腹筋背筋が足りない。
  • 老化

もし、上記の理由が腰痛の原因だった、40代のジムに通って筋トレしている人が腰痛にならないってことでしょうか?運動してジムに通っているのになぜ腰痛になっている人もいます。

なぜ、でしょうか?

ジムに通っているから、何もしていない人よりは腹筋背筋もあるはずなのに、なんで腰痛になるのか?

 

僕は。ジム通いしてるのに腰痛になる人には原因が2つあると考えてます。

  • 体の使い方が悪い
  • 体が歪んでいることで、1つの筋肉に負担がかかりすぎてしまっている
  • 結果的に複数の筋肉が硬くなっている

具体的に説明していきますね。

腰痛になるのは、体の使い方が悪い

体の使い方が悪い人というのはこう言うことです。

ちょっと前かがみをしてみてください。

この時、写真のように背中から曲がっていませんか?

 

あるいは、この動きできますか?

何を言いたいかと言うと、体は無意識で動かします。その時に、動きのパターンが脳に記憶されます。

そして、その動きのパターンが腰痛になりやすい動きで脳に記憶されてしまっているのです。

だから、運動時やいつもと違う動作をすると、この負担が大きくなり、腰を痛めてしまう原因となります。

 

腰痛は歪みが原因になる

体は日常生活に合わせて歪んでいきます。

いつも横向きで寝て入れば、右の肩は前に出てきますし、いつもしたを 向いて入れば、首は前に出てきてしまいます。

こうした生活習慣の積み重ねで体がゆがんでしまっています。

そうすると、関節が動かしづらくなります。

こんなポーズで歩いてみてください。

 

歩きづらくないですか?

つまり、やりづらい状態で運動をしてしまったので、腰に負担がかかり腰痛になった。

しかも、筋肉痛とは違う痛みが生じてしまっているのです。

これは、腰を揉んでも治るものではありません。

 

結果的に筋肉が固まり腰痛になる

体の動かし方が悪いと、よく使う筋肉と、使わない筋肉が出てきます。そうすることで、筋肉が固まり始めてきます。

筋肉が硬くなると、縮んでくるので、筋肉がくっついている骨を引っ張ってしまいます。だから体が歪むのです。

体の動かし方が悪い →筋肉が硬くなる →体が歪む →腰痛になる

 

だから、腰に電気を当てても、湿布をしても治らないのです。

歪みをとって

筋肉を柔らかくして

体の動かし方を正す

この3つで腰痛は改善します。

 

改善方法はこうするとなおるよ
実際に試してみて

このような体の歪みはこうすると治ります。

 

動きのパターンはこうすると治ります。

 

実際の症例
お客様の声

 

まとめ

今回のケースは、実際に1度の施術で改善がみられました。

運動を始めたのに腰痛になった、ジムに通い続けているのに腰痛が治らない。このようなケースは原因が同じです。

  • 体の歪みと、動きのパターンが悪い。
  • 筋肉が硬くなっていること。

だからと言って、運動を続けても、ストレッチしても腰痛は改善しません。

腰が痛いから腰をストレッチしても、それだけでは根本的な解決にはならず、腰痛は再発してしまいます。

原因は大きく分けて2つあります。

  • 姿勢が悪くて、体を歪ませやすいこと
  • 筋肉が硬くなっていること

これらを改善するためには、以下の2つのことをする必要があります。

  • 姿勢の改善
  • 筋肉と歪みの調整

姿勢の改善は正しい方法を覚えれば1ヶ月で改善します。

私のサロンでは、筋肉歪みの調整と姿勢の改善を行なっています。

・走りたいのに腰痛で長距離走れない方
・ストレッチをしているのによくならない腰痛の方

期待以上の成果を得ていただく自信があります。

ぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
 

Copyright© 整体サロン千代オフィシャルブログ , 2019 All Rights Reserved.