2019/05/29

繰り返し・ぎっくり腰になる人の根本原因と対処法を解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

腰痛をずっと抱えて、そこまではひどくはならないものの、ぎっくり腰を繰り返し続けているあなた。

ぎっくり腰の予兆が始まっているのに、どう対処していいかわからず、ぎっくり腰を待つしか方法がないままになっていませんか?

今回は繰り返すぎっくり腰の原因とメカニズム、対処法をお伝えします。

繰り返すぎっくり腰の原因は、ちゃんと身体からサインが出ています。繰り返すぎっくり腰でお悩みをあなたに読んでもらいたいです。

ぎっくり腰というのは、突然ぎっくり腰になると思っていませんか?

実際のところ、ぎっくり腰は突然なるものではありません。

身体中の筋肉が徐々に硬くなり、関節の動きが徐々に悪くなり、筋肉と関節の硬さがある一定以上の状態になってしまった時、そんな身体の疲労のデッドラインを超えた時にぎっくり腰が発生します。

繰り返すぎっくり腰は、さきほどのデッドラインの近くを常に上下している状態。つまり疲労が回復できていない状態がぎっくり腰の原因です。

一般的によく言われるのが

  • 足の長さが違う
  • 骨盤が歪んでいる
  • 姿勢が悪くなっている

こう言ったことがぎっくり腰や腰痛の原因と言われます。

もちろんこう言ったことが悪さをしているのですが、実際のところ疲労が回復できない状態がぎっくり腰の原因です。

姿勢や動かない筋肉を使いすぐて、デッドラインに近い体ガチガチの状態

→→→ そこから疲労回復できないまま日常生活を過ごしてしまうと

→→→→ ギックリ腰になる

つまりギックリ腰を繰り返す人は、まずは疲労回復させる必要がるんです。

 

効率よく疲労回復させるには

硬くなっている、疲労が溜まっている、動きが悪くなっている関節や筋肉を調整していく必要があります。それが根本原因を探っていくことにつながっていくんです。

繰り返すぎっくり腰には根本原因があるはず・・・だけど誰もしらない

ぎっくり腰に定期的に繰り返す人は、なぜ「ぎっくり腰」になるのでしょうか?

ほとんどの人、いやほぼ全員、ぎっくり腰を繰り返す人は、原因がわかっていません。

だからぎっくり腰を繰り返す。

例えば、風邪をひきやすい人は、どんな原因で風邪をひくか考えて、対策を立てますよね。冷房ガンガンにしないとか、疲れた日にはビタミンCをたくさん摂取するとか、予防でマスクをするとか。室内を加湿するとか。少し早めに寝るとか、身体を温めるとか。

これは、風邪になってしまった原因がなんとなくでもわかっているから対策が取れるんです。

ぎっくり腰も同じです。原因がわかれば、ぎっくり腰になる前に対策が取れますよね。でも、原因がわからないから、腰痛をごまかしてぎっくり腰を繰り返す。

ですので、ぎっくり腰を繰り返さないためには、ぎっくり腰の原因・メカニズムを知る必要があります。

繰り返すぎっくり腰の原因・メカニズム

ぎっくり腰のきっかけは、お腹の筋肉が硬くなること

腰が痛い時、あなたはどんな姿勢になりますか?

こんな感じで膝を曲げて、体を前に倒していると思います。

日常生活でお腹の筋肉が硬くなると、背中だけで上半身を支えるような状態になってしまします。そうすると、背中の筋肉がどんどん硬くなり、耐えられなくなります。

背中の筋肉は腰まで続いていますので、テコの原理も加わって、腰に猛烈な負担がかかり続けることになります。

だから、今度は膝を曲げ、重心の位置を変えることで背中の負担を軽くしてあげているのが、上の画像の状態です。このポーズで腰が少し楽なのであれば、お腹の筋肉が硬くなっていることを示しており、腰に負担が激増している状態が想像できるです。

でも、まだここの段階ではぎっくり腰にはなりません。

原因その2、耐えられなくなった筋肉が一気に硬くなる

お腹の筋肉が硬くなってしまっても、すぐにはぎっくり腰にはなりません。背中側の筋肉がなんとか上半身を支え、体が前に倒れないように頑張ってくれています。

ちょっと想像してみてください。

握り拳を作っていただくとわかりやすいのですが、5分間、握り拳を作っていたらどうなるでしょうか?

力尽きて、ついには力が入らなくなってしまいますよね。これが、背中の筋肉でも同様に起こります。

負荷がかかり続けている状態で、限界まで我慢しているのだけれど、力尽きてグキっと力尽きて、腰に全ての負担が一瞬でふりかかり、ぎっくり腰になってしまう。

背中側の筋肉は広背筋や脊柱起立筋、腰方形筋といった複数の筋肉があるので、いきなりなるわけではなく、それぞれの筋肉がお互いに助け合って上半身をささえています。

しかし継続的な緊張が続くことで、筋肉は硬くなり、縮んでしまった筋肉は力が出せなくなってきます。そうなると上体を支えることができる筋肉が徐々に減って、硬くなっていない動ける筋肉の負担はますます増えます。

そして、ついにその負担に耐えられなくなって筋肉が一気に「グキっ!」とぎっくり腰になるわけです。これが、ぎっくり腰になるメカニズムを順番に沿って簡単に説明したものです。

ぎっくり腰の根本的な原因は?

ぎっくり腰になってしまうメカニズをまとめると以下の通りです。

初めてのぎっくり腰の場合

  1. お腹の筋肉が硬くなる
  2. 背中だけで上半身を支える
  3. 背中の筋肉が硬くなる
  4. 背中の筋肉が限界を迎える
  5. ぎっくり腰発生
  6. ぎっくり腰が治る過程で他の筋肉がサポートしてくれることを体が覚える

ここで問題なのが、6の他の筋肉がサポートしてくれることを体が覚える」という部分です。

初めてぎっくり腰になった時と、短期間に2回目、3回目のぎっくり腰になった経験がある場合とで腰への痛みの感じ方が変わってきているとおもいます。

初めてぎっくり腰になった時は、全身の筋肉、特に背中の筋肉がもうカチカチに固まってしまい、力を入れられない状態になってないでしょうか。どう動いても痛い。そんなぎっくり腰の人が多いです。

これは背中の筋肉以外の筋肉が上半身を支える感覚を覚えていないので、もう上半身を支えようがないため、どう動いても痛かったのです。

ところが、人間の体は良くできているので、ぎっくり腰の痛みのなかでも、他の筋肉が補助に周り、なんとか動けるような状態を作ってくれようとします。

そのため、ぎっくり腰の回数を重ねると、今までよりも上半身を支えるサポート役の筋肉(お尻や、太もも、脇の下の筋肉)が加わり、さらに腰に負担をかけない腰をかばう姿勢を体が覚えてしまいます。すると、最初に味わった激痛よりも重い鈍痛くらいで済むぎっくり腰へと進化してしまうのです。

これが、2回目以降のぎっくり腰の場合のメカニズムです。

2回目以降のぎっくり腰の場合

  1. お腹の筋肉が硬くなる
  2. 背中や新たにサポートしてくれるお尻、太もも、脇の下の筋肉が上半身を支える
  3. 背中、サポート筋肉が硬くなる
  4. 全ての筋肉が限界を迎える
  5. ぎっくり腰発生
  6. さらに他の筋肉がサポートに加わり、腰を守るような変な姿勢を覚える

他の筋肉がサポートに加わり、腰を守るような変な姿勢を体が覚えてしまうと、最初に味わったあの激痛よりは、痛みは軽減したように思いますが、ぎっくり腰の原因がより複雑化してしまっている証拠でもあります。

更にぎっくり腰を繰り返すと、ぎっくり腰にはなりにくいけれど、腰への鈍痛や、慢性的にずっと腰が思い、だるい、痛い状態になります。これが慢性腰痛になってしまう流れです。

繰り返すぎっくり腰は慢性腰痛へ進化する

  1. お腹の筋肉が硬くなる
  2. 背中や新たにサポートしてくれるお尻、太もも、脇の下の筋肉が上半身を支える
  3. 背中、サポート筋肉が硬くなる
  4. さらに加わった他の筋肉もサポートに加わることでぎっくり腰にはならない
  5. 腰にずっと痛み、重さ、だるさが付きまとう
  6. 腰を守るような変な姿勢・動きを習得してしまう
  7. ぎっくり腰にはならないが、慢性腰痛で腰に爆弾を抱えている状態になる

ぎっくり腰を繰り返している人は、このような流れで慢性腰痛に変化していきます。

根本的なぎっくり腰の改善、慢性腰痛の改善には根本原因を治していく必要があります。そのヒントが常に最初にあるお腹の筋肉の硬さです。

繰り返すぎっくり腰のは放っておくと痛みがおさまるのはなぜか?

たとえ、ぎっくり腰になっても1〜2週間程度で痛みはおさまってきます。

だから、原因はよくわからないけど、とりあえずよかった。になりやすい。

 

繰り返しぎっくり腰になる人は、あぁこれぐらいだったら1週間くらいで治るからいいや。と言って原因がよくわからないけど、放置し誤魔化して、次第に時間とともに良くなって、痛みを忘れます。

では、なぜ放置しててぎっくり腰のあの嫌な腰痛が消えるのか?

考えられるのは、硬くなった筋肉が自身の回復力で良くなったということです。

風邪と同じですね。風邪の特効薬はないけれど、しっかり水分と栄養をとって休めば風邪は治ってくるじゃないですか。

 

つまり、ぎっくり腰も体調が衰えた時になりやすいというヒントがわかってきます。

これをしっているだけで、だいぶぎっくり腰になりにくくなってきます。

繰り返すぎっくり腰の原因は人それぞれ

ぎっくり腰の原因がよくわからない理由の一つに、原因が人それぞれということがあります。

ぎっくり腰になる時に考えられる要因はいくつかあります。

  • 疲労が溜まりすぎ
  • 回復力の低下
  • 筋肉が複数硬くなっている
  • 無理な姿勢を継続してしまう
  • 精神的ストレスが多い

このような要因がいくつも重なった時に、体が限界を迎えてぎっくり腰になると考えられます。

だから、原因がわかりにくいんです。

ですが、あなたの日常生活を紐解いていくとある程度、ぎっくり腰の原因が見えてきます。

例えば、デスクワークの仕事をしていて、週末はドライブに良くいって、家にいるときはソファーに座ってテレビを見ている時間が多い人がいたとします。

こういう人の場合は、容易に座っている時間が長いと想像できますよね。ということは、ぎっくり腰になる前に、必ず座っている状態で体が固まってきたことが想像できます。

こうやって原因を少しずつ紐解いていくことが大切です。

繰り返すぎっくり腰が嫌なら原因を探すべき

あなたがぎっくり腰を繰り返さないためには原因をしっかりと理解していく必要があります。

あなたのぎっくり腰の原因がどこにあるのか?

原因を知っていれば、対処できるので、ぎっくり腰にはなりません。

ぎっくり腰の原因探し!

それを一緒に紐解いていくのが整体サロン千代の役目です。

あなたが気が付かなかった日常生活の出来事を詳細にヒアリングし、身体の使い方、現在の筋肉の硬さ、姿勢の悪さなどを検査を行っていくことで、あなたの日常の体のクセ、悪い部分が見えてきます。

そこから、ぎっくり腰の原因が見えてくるのです。

その結果、ぎっくり腰の原因がわかれば、あなた自身で対処できますし、当院で施術を継続的に受けても構いません。あなた次第です。

 

でも、繰り返すぎっくり腰を放置したり、誤魔化していたりすると、当然ぎっくり腰であなたの体は悲鳴をあげ、最悪の状態へと悪化してしまします。

例えば、

  • 坐骨神経痛という足や太ももが痺れる
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症
  • 脊柱管狭窄症

このような状態になると、歩くのもつらい、歩けない、仕事もできない状態になりかねません。5年10年先の将来を考えると今、ぎっくり腰の原因を見つけて、対処法を学んでおいた方が得策だと思いませんか?

こういったぎっくり腰の原因を探し出す、そして対処法をお教えして、自分でぎっくり腰をコントロールできる身体を作る!それが整体サロン千代の強みです。

あなたのぎっくり腰の原因がわかればあとは簡単

整体サロン千代の独自のカウンセリングとSC検査によってぎっくり腰の原因がわかってしまえばあとは簡単です。

自分で、ぎっくり腰になる前に、原因となっている筋肉や関節のゆがみ、硬さ、可動域の異常を察知して、自分でケアしてあげればいいのです。

体に起こるぎっくり腰の予兆、異変、不調のサインはあなたが1番最初に気がつきます。

あれ!?なんか変だな、お尻がちょっと違和感を感じる。

こんな体からのサインを見逃さなければ、ぎっくり腰にはもうなりません。

ぎっくり腰になりにくい体づくりのストレッチ、体操をしよう

自分の体を学べば、体が面白いほど軽くなる。

まずは実感してもらいたいので、ぎっくり腰の対策法を動画でご紹介しています。

ぜひ試してみてください。

 

繰り返すぎっくり腰を理論的に改善し続ける

体の動き、筋肉、骨格、歪み、神経、関節の謎を学び続けてたどり着いたブレインメモリーズ理論(BMメソッド)でぎっくり腰にならない方法を伝授します。

あなたも整体サロン千代で、そんな方法を学びませんか?

整体サロン千代は、他とは考え方が違う整体院です。整体サロン千代は相模原にありますが、他の接骨院、接骨院、整形外科、リハビリ施設、フィットネスジムとは全く違います。

体の法則を知ってもらう、お客様が自分で自分の体を学べる整体院です。

なんで、そんなことをするのか?

それは、体のことをちゃんと理解していないと、再発する可能性が非常に高いからです。腰痛や膝の痛みが良くなっても、原因てよくわかないこと多くないですか?

  • 腹筋背筋が弱いとか
  • 腰に負担をかけすぎている
  • 肩に力が入りすぎているとか
  • 姿勢が悪いとか
  • 猫背が原因だねとか

こんなふうに言われたことありませんか?

でも、なぜ、そうなってしまうのでしょうか?

他の人はならないのに、なんで私だけなってしまうのか?その原因を調べて、あなたに知ってもらえさえすれば日常生活で何に気をつけたらいいのかがわかってきます。

 

だから、あえて体のことを勉強しにきてもらいます。もちろん施術しますよ。

 

整体サロン千代ではこんなことを学びます。

  • 自分で筋肉を緩める大切なコツ
  • 自分で体の不調を見つけるコツ
  • 自分の体を自h分で治すコツ

これさえ覚えてしまえば、なかなか治らなかった腰痛や膝の痛みも自分でコントロールできるようになります。

ぜひ試しにきてください。

 

相模原で唯一、説明が丁寧すぎる整体院整体サロン千代の院長の井口です。

今すぐ、ぎっくり腰をなんとかしたいあなたは相談してください。

繰り返すぎっくり腰に悩まされているあなたに知ってほしい、ぎっくり腰の本当の解決方法。

体の状態を知って、あなたもぎっくり腰を根本から見直してみませんか?

整体サロン千代があなたの体を作り変えるサポートをお約束します。

体に痛みが出てしまうと、ジムも行けない、仕事にも集中できないし、旅行にも行けない。我慢しなきゃいけないことが出てきてストレスですよね。

  • どうやって治したらいいかよく分からない。
  • 湿布を貼るしか手段がない。
  • 電気、マッサージは効果がない。

そんなあなたに、知っていただきたい、体の基本的な仕組みです。体はあることをすれば、すぐに変化が起こりますし、不調もなりにくくなります。そんな体のヒントをてにいれて、自分で自分の体をコントロールしていきましょう。

 

整体サロン千代はあなたの体のお悩みに体の状態からどんなことをしていけばいいのかアドバイスできます。

電気マッサージとは違う方法を試したいあなたは、

諦めずに1度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥
 

Copyright© 整体サロン千代オフィシャルブログ , 2019 All Rights Reserved.