2019/07/12

猫背改善には背筋は関係ない!猫背を治すとっておきの3つの方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥

相模原市淵野辺で”からだの悩み”を解決する猫背改善を得意とする整体サロン千代代表の井口陽介です。

  • 猫背で自分の姿を鏡で見るのも嫌だ!
  • ジムに通って2年もたった。
  • 背筋に筋肉もついているのに、どうしても治らない猫背。

猫背対策の本を読んでも、背筋を伸ばす意識をするとか、胸を広げるとか、肩甲骨周辺の筋肉をつけましょうなんて書いてあるけど全然効果が感じられない。胸を広げて、頭から糸で引っ張れているのをイメージして立つなんて無理!

でも、一般的には猫背の治し方を調べるとこう言われています。

  • 肩甲骨を引き寄せてストレッチ
  • 胸を広げる意識を持つ
  • 頭から糸でぶら下ているようにイメージして立つ
  • 背中の背筋を鍛える

これで治ってたら、もう全員治りますよね。これで治らないから困ってるわけじゃないですか?

なんでこんな熱く語るのかというと、私自身も猫背であらゆる方法を試して治らなかったからよくわかるんです。

そんな僕が猫背を改善させたのには、整体師として体のことを徹底的に研究したからでした。

そして猫背の原因を突き止めました。

猫背対策には知られていない3つのステップがあります。

この猫背対策を実践すれば背中の丸まりが減り、猫背はよくなっていきます。

本当の猫背改善のとっておきの秘訣をお教えします。

<strong><a href=”https://sagamihara-seitai.com/nekoze/”>あなたの姿勢を徹底的に改善させます詳細はこちら</a></strong>

猫背は背筋なんて関係ない!そもそも背筋をきたえるとか間違ってます!

猫背の整骨院や接骨院の先生に相談すると良く言われるアドバイス。

  • 胸を広げる意識をもってください
  • 背筋を伸ばす意識に気をつけて
  • 頭の上から糸を垂らしているイメージで意識する
  • 背筋をきたえよう

良く聞きますよね〜。これって全部間違ってます。

なぜなら、胸を広げることも、背筋を伸ばすことも、頭の上から糸を垂らすことも意識してください。だから。

意識で治るなら、猫背になっている人はいません。意識しても治らないから悩んでいるんです。

意識しても猫背は治らない理由①

猫背は下半身から改善させていかないとダメ!猫背は意識しても治りません。

なぜなら、重心が前に傾いてしまっているからです。

猫背の画像をごらんください。

下半身が前に、つまり前傾重心になっているのがわかるでしょうか?

こうなると、いくら胸を広げようとしても、背筋を伸ばそうとしても、伸ばすと後ろに傾いてしまうので、猫背は一向に改善できないのです。

だから、いくら上半身を調整しても治りません。

意識しても猫背は治らない理由②

猫背専用の筋肉を正しい姿勢専用にしていく必要がある。

猫背になっているということは、猫背専用の筋肉、関節の硬さ、骨格の歪みが発生しています。

つまり、この猫背専用の体を正しい姿勢専用の体へと変えていく必要があるんです。猫背が癖になっているということは、猫背専用の筋肉がついてい、猫背専用に筋肉を使っている証拠です。

正しい姿勢専用の筋肉をつけて、正しい姿勢にする筋肉の使い方を覚えれば猫背は治っていきます。

たとえば、右利きの人が左手で箸を上手に使えるようにするためにはどうしたら良いですか?

筋トレをする?グーパーグーパー指を動かす?違いますよね。左手で正しい箸の持ち方を練習するじゃないですか?筋トレは必要ありませんよね?

猫背も同じです。

筋トレが必要じゃなくて、正しい使い方を練習するんです。

猫背の癖が治らないのは、猫背専用の筋肉、骨格、そして、猫背専用の筋肉の使い方をしているから猫背が治らないんです。

では、これから猫背対策3つのステップをご紹介していきます。

猫背改善のとっておきの方法3sステップ

猫背が治らない理由として、

  • 下半身が前傾になっているから
  • 猫背専用の体になっているから

という説明をしました。

それを踏まえると、猫背対策には3つステップがあります。

  1. 下半身が前傾を改善させる
  2. お腹の力を使えるようにする
  3. 肩の巻き込みを引き戻す

この3つのステップを行うことで、下半身の前傾が改善していき、猫背専用の体から正しい姿勢専用の体へと変化していきます。

その場ですぐに変化を実感することができるので、ぜひ参考にしてみてください。順を追って説明していきますので、これを読んで猫背対策を実際に行って猫背を一緒に治していきましょう!

ステップ①
下半身の前傾を改善させる

猫背対策の最初の1歩は、下半身の前傾を改善させることにあります。

下半身の前傾はなぜ起こっているのか?

これは、骨盤が前傾、あるいは後傾していることに原因があります。ですので、まずは骨盤の歪みを調整していく必要が出てくるわけです。

骨盤が前傾

骨盤が後傾

骨盤の歪みを調整すると言っても、骨盤は実際には歪みません。骨盤周辺にある筋肉が固まり、縮んでしまうことで骨盤が歪んでいるように見えるだけです。

だから、骨盤の周辺筋肉をストレッチ、動かす、ほぐすことを行っていきましょう。

骨盤周辺の筋肉は大きく3種類あります。

  • お尻の筋肉
  • 太ももの筋肉
  • お腹の筋肉

この3つの筋肉を徹底的にほぐし、ストレッチして動かしていってください。

ステップ②
お腹の筋肉を使えるようにする

猫背対策の2つ目は、お腹の筋肉をコントロールできるようにします。

簡単な方法はお腹を凹ましてみてください。ちゃんとお腹凹ますことができましたか?

お腹を凹ます力がいわゆるインナーマッスル(体幹)を使うことになってきます。これができないと、体を支える筋肉が背中、太ももの裏側、太ももの側面などの筋肉に集中してしまい、ぽっこりお腹の原因にもなります。

筋トレと筋肉を使うというのは別ものになってきますので、腹筋をする必要はありません。お腹を意図的に凹ます膨らます。これが大切になってきます。

こういった筋肉に力を入れるスイッチのオンオフをしっかりできるように訓練していきます。

ステップ③
肩の巻き込みを引き戻す

猫背対策の3つ目は、肩甲骨の位置を元に戻して、肩の巻き込みを戻していきます。

猫背専用の姿勢の正し方を知って、猫背専用の筋肉を弱くして、最後にみんながやっている胸を広げて背中を伸ばすのですが、ただ胸を広げるのはまちがっています。

猫背の人は下の画像の矢印で示したように肩甲骨が肩にかぶさってい状態にあります。

この肩甲骨を元の位置に戻すには、肩甲骨を上げて、寄せて、下げる。この動きが必要になってきます。

肩の巻き込みを戻す方法

まずは肩甲骨を上にあげるために、肩をめいいっぱい上に持ち上げます。

 

次にその持ち上げた状態のまま、肩甲骨を背骨に寄せていきます。

最後に、その状態のまま、肩を下へさげていきます。

こうすることで、肩甲骨の位置が元に戻ってきますので、自然と胸が広がり、背筋が伸ばしやすくなるのを実感することができるようになります。

猫背を改善させる方法をまとめると

猫背対策として今回のおさらいです。猫背は意識しても治りません。

猫背が治らない理由は2つ

  1. 下半身が前傾になっているから
  2. 猫背専用の体になっているから

という説明をしました。

猫背対策には3つステップ

  1. 下半身が前傾を改善させる
  2. お腹の力を使えるようにする
  3. 肩の巻き込みを引き戻す

この正しい猫背対策を行うことで、猫背は確実に改善していきます。実際に私の猫背は改善されました。だから自信を持ってお教えしています。

猫背専用の体を正しい姿勢専用の体に戻していくことがとても重要になってきますので、これを読んでいただいたあなたは早速実践してみて、猫背対策に取り組んでみてください。

整体サロン千代では、より具体的な方法とBM整体術によって、正しい姿勢づくり、姿勢改善、猫背改善をサポートしています。

力になれる自信があります。

ぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
相模原で姿勢から慢性腰痛、膝の痛みを専門に【からだの悩みを解決する整体サロン千代・院長の井口です。プロフィールはこちら 【好き大切なもの】コーヒー・猫・タイ旅行・ワイン・友人・奥さん・焼き鳥