【相模原 整体 太もも痛み】坐骨神経痛と思っても整体で改善する可能性が残っている!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。

こんにちは。相模原の整体サロン千代です。

ある日突然、原因不明の太もも、ふくらはぎの痛み、お尻の痛みが出てしまった方がいらっしゃったので、ご紹介していきます。

お尻や太もも、ふくらはぎに痛みを持っている方は必読ですよ。

 

「太ももの痛みさん(仮名)」のお悩み

「太ももの痛みさん(仮名)」はある日突然、歩いていると太ももに違和感を感じ、翌日朝起きたら太もも、お尻、ふくらはぎへの強烈な痛みを感じてしまい、杖をつかないと歩けなくなってしまいました。

病院へ行ってレントゲン検査、MRI検査をしたら腰骨(腰椎)がズレていて、坐骨神経を刺激していて痛みが出ていると言われたそうです。とりあえず治す方法はないので痛み止めをすすめられました。

痛み止めを飲んで1週間たちましたが、痛みに変化がなく、このまま歩けなくなってしまったらどうしよう。。。と不安が膨らみ、なんとかして治す方法がないかとインターネットを使ってたくさん調べたそうです。

 

太ももの痛みの原因として考えられること

太ももに痛みを感じる症状は多くの坐骨神経痛の方が経験されています。しかし、原因不明と言われたり、今回のように腰骨、椎間板などが原因と言われてしまいます。そうすると手術、もしくは痛み止め薬を毎日飲み続けなければなりません。

では、いったい太ももやお尻、ふくらはぎに痛みを感じるのはなぜなのでしょうか?太もも、お尻、ふくらはぎなどの痛みが出てしまう原因を考えてみましょう。

多くのケースでは、レントゲン、MRIなどの検査を行い、腰骨(腰椎)の変形や異常、椎間板ヘルニアといったことを言われることが多いようです。

しかし、なぜ腰骨(腰椎)、椎間板ヘルニアになってしまったのかを考えていくと、本当の原因が見えてくると整体サロン千代では考えています。

つまり、腰骨(腰椎)や椎間板がヘルニアになってしまった原因を考えていくと筋肉が原因ではないか?という疑問が出てくるのです。筋肉は骨に付いています。つまり、筋肉が硬くなったり、動かなくなったりすることで、関節や付着している骨にまで影響を与えてしまっていると思うのです。

 

だから、坐骨神経痛、椎間板ヘルニアと言われてつらい痛みを抱えているお客様でも、ヘルニアとは一見関係のない筋肉を整えることで実際に痛みが改善していくケースを今まで数多くみてきました。そして、整体サロン千代ではこの本当の原因を重要視しています。

 

太ももの痛みについて整体サロン千代の考え

太もも、お尻、ふくらはぎの痛みは坐骨神経痛と言われることが多いですが、これらの筋肉は様々な繋がりの関係が深い場所があります。

その関係のある筋肉が硬くなったり、捻じれたり、動きが悪くなってしまうことで、坐骨神経を圧迫し、骨を歪ませ、椎間板をへたらせる要因となっていると整体サロン千代では考えています。

そうなると、原因となりそうな筋肉はこんな6つの筋肉です。

  • 殿部の骨盤に付着している部分
  • お腹の筋肉
  • 太ももの内側の筋肉

今回の「太ももの痛みさん(仮名)」に関して言えば、最大の原因はお腹の筋肉でした。

 

 

太ももの痛みとお腹の筋肉が関係する秘密

太ももの痛みとお腹の筋肉には深い繋がりの関係性があります。

この図をご覧ください。

※参照:アナトミー・トレイン

これを見ていただくと、お腹の筋肉が太ももとも繋がっている様子がわかります。つまり、お腹の筋肉が硬くなると骨盤の動きを悪くして、太ももの筋肉にまで悪影響を与えてしまうのです。そうすると、坐骨神経を圧迫してしまう体の構造になって、太ももに痛みを感じてしまうというわけです。

このような仮説に基づいて、実際にお腹の筋肉をゆるませていくと、今回のケースでは痛みは半減しました。このように体の関係性は痛い場所とは離れた場所に存在します。

太もも、ふくらはぎ、お尻が痛い。坐骨神経痛と言われた。椎間板ヘルニアと言われた。だとしても、痛みに関係しているのは、お腹の筋肉かもしれないのです。

 

体の繋がりの真実をご存知でしたか?

この体の繋がりの事実。

痛みの原因は痛い場所にないという事実をしっている人と

知らない人では、どちらが坐骨神経痛や腰痛を治せると思いますか?

 

今まで、ふともも、ふくらはぎ、お尻の痛い部分だけに着目して坐骨神経痛を治そうとしてきたあなたはチャンスです。

電気、マッサージをしても痛みが改善しない。痛み止めをこれから10年も飲み続けなければならない。そんな不安を抱えているあなたは、まだやり残していることがあります。

それが、痛い場所とは別の場所への施術。

そうです、首や肩を調整すれば尾骨の痛みや仙腸関節の痛みや腰痛が治る可能性があるのです。

この可能性を残したままではもったいないです。

 

太ももの痛みに不安を感じているあなたへ。最新の考え方に基づいた痛み改善の方法を知りたくありませんか?

 

もし、あなたが1年以上もの間、つらい太ももの痛みで悩み、苦しみ、困っておられて、この痛みをなんとか治したいと思っているけど、いつも行くところは電気マッサージでおしまい。

今のままだと治らないと思ってきたあなたへ。

最新の経験からわかってきた太ももの痛み坐骨神経痛の本当の原因である、お腹やお尻の筋肉などの硬さ的確に調整してもらったことが1度もなければ、整体サロン千代の施術であなたのお悩みにお答えすることができます。

まずは1度、あなたの体の状態を整体サロン千代に見せに来てください。お電話お待ちしております。

どのような痛みであってもあきらめないでください。

無料相談はこちら

初回限定お試しキャンペーンはこちら

 

 

太ももの原因となる筋肉をほぐしてみる

太ももの痛みが続いている人は、こんなことが原因になっていると整体サロン千代では考えています。

  • お腹や他の筋肉が硬くなっている
  • 筋肉の硬さによって、関節の動きが悪くなっている
  • 筋肉、関節の動きの悪さが坐骨神経を圧迫している

これらを作り出している原因の1つが先ほど説明したお腹の筋肉です。

  • お腹の筋肉(大腰筋、腹直筋、外腹斜筋など)

他にも痛みを作り出している原因はあるとは思いますが、まずはこの筋肉をほぐしてみるだけで、痛みや動きの改善が見られるはずです。もし、これで少しだけでも痛みに変化があるのであれば、キチンとした施術を受けさえすればあなたの太ももの痛みに対する不安はなくなっていくでしょう。

太ももの痛みは自分自信でも治していける。そして、自分自身で気をつけるポイントを知る。ということが非常に大切になってきます。そのために整体サロン千代では様々なアプローチ方法をお客さま自身に学んでもらい、太ももの痛みの再発を防止する体を自分で作っていけるようにしています。

実際に動画を用意したので、太ももの痛み、ふくらはぎの痛み、お尻の痛みでお困りでしたら試して見てください。

 

太ももの痛みを自分で治すための方法

実際に太ももに痛みを感じているのあなたはこの動画をご覧いただき、自分自身で痛みの改善にチャレンジしてみてください。

 

太ももの痛みをお腹で改善させてみる

お腹が硬くなると、肋骨や骨盤、股関節にまで影響を及ぼしてしまいます。太ももに痛みがある人は確実にお腹が硬くなっているはずですので、お腹をほぐせば痛みが軽くなることが非常に多いです。

太ももの痛みを治す方法を探していませんか?

整体サロン千代では、痛みの原因は痛い場所にはないことが多いと考えています。

つまり、痛い場所にフォーカスせずに、体全体から痛みの原因を探していくことが得意です。

 

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 太ももの痛みがなかなか良くならない
  • 坐骨神経痛といわれこれといった治療法が見つからない
  • 注射で痛みを誤魔化している
  • 痛み止め薬を飲み続けなければならない
  • 本当の原因がわからないままになっている

もし、これらに1つでも当てはまるのでしたら、整体サロン千代がお役にたてます。

あなたの痛みの原因を体全体から探し出し、痛みの本当の原因を体の繋がりを使って見つけ、調整することで、痛みを解消させるお手伝いができます。

ご興味があればご連絡ください。

あなたからのお電話お待ちしております。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。