2018/05/12

反り腰で腰痛になるとなかなか治らない!?腰の痛みの根本原因どこにあるのか教えます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。

腰痛がなかなか治らなくて・・・たぶん反り腰が原因かもしれないと思っているのですが、腰痛も反り腰もなかなか治らないんですよね。。。

 

私のところでは

「反り腰を治したい」というお客様からのご相談をよく受けます。

 

そして、反り腰の人の腰痛は腰を揉んだり、腰に湿布をしても、腰に電気マッサージをしてもなかなか治りません。

 

あなたの腰痛の痛みは、もうすでに腰がこっているレベルではなくて、反り腰が原因で起こった2次的に発生した別の痛みだからです。

 

これは通常の電気マッサージ、湿布、ましてや痛み止め注射等では治りません。

 

では、どうしたら治りますか?

 

反り腰が原因で起こった2次的な痛みは反り腰を根本改善することで、腰痛も改善することができます。

今回は、反り腰になっている腰痛持ちの方に読んでいただきたいです。

 

反り腰の人の腰痛がなかなか治らない理由

反り腰の人は下の図のような姿勢になっています。

このような姿勢では、→の部分に負担がかかっているのが想像できますでしょうか?

 

つまり、反り腰を続けている時間が長ければ長いほど腰(腰椎)への負担も大きくなってしまうわけです。そして、この腰への負担をかばうために腰とは別の筋肉が力を入れて凝り固まってきてしまいます。

 

だから、腰をマッサージしたり、腰に湿布を貼っただけでは治らない腰痛になってしまい、腰痛も反り腰もどんどん悪化してしまいます。

 

 

反り腰だと腰痛を悪化させてしまっている

反り腰が長く続くとどうなっていくでしょうか?

→の部分をトンカチで叩き続けたらどうなると思いますか?

 

次第に、腰への負担は骨まで到達し、背骨を歪ませ、骨がズレて、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症といった腰痛を悪化させてしまった時に引き起こされるひどい腰痛になってしまう可能性があります。

 

反り腰の危険度チェック

反り腰の人は、自分がどの程度反り腰なのかをチェックしてみてください。

 

自然体で立っていただき、手で腰骨を上からお尻の辺りまで触ってみてください。すると陥没したように、背骨が窪んでいませんか?このくぼみが大きければ大きいほどあなたの反り腰は骨まで影響を及ぼしている状態になっていると考えられます。

 

反り腰が原因で起こる、二次的に出た腰の痛みは治るの?

なかなか治らない腰痛は反り腰が原因になっているとご説明しましたが、反り腰からくる腰痛はどうしたら治ると思いますか??

 

答えは簡単です。反り腰自体を治す!です!

 

ただし、反り腰は腰だけ湿布やマッサージをしていても治らないです。反り腰を治すにはどうしたらいいのか?それは、反り腰のメカニズムを知る必要があります。

 

反り腰のメカニズム

反り腰を治す時には、反り腰のメカニズムを知るべし。ということで、反り腰を分析してみましょう。特に重要なのが下の図です。

反り腰になっている人は、矢印の方向に負担がかかっています。つまり、言い換えるとその反対の力がおろそかになっているということです。反り腰を治すために必要なのは、お腹の力をうまく使えるようになること!にあります。

 

でもお腹の力をうまく使うにはどうしたらいいの?となりますよね。そのために反り腰の体の構造を理解する必要があります。

 

反り腰の原因① 下半身は前傾になる

この画像をごらんください。反り腰のひとはほとんどが前傾姿勢になっています。

 

真っ直ぐ立っていません。画像は極端に表現していますが、ズボンのラインを見てください。明らかに前に傾いています。これでは、頭が重いので体が前に倒れてしまいます。

 

あなたの姿勢を鏡で見た時に、ズボンのラインは真っ直ぐですか?それとも、前傾に傾いていませんか?

 

反り腰の原因② 上半身は後傾になる

下半身が前傾姿勢になっていると、上半身はそのままだと前に倒れてしまいます。ですので、腰から上の上半身は、逆の動きをとって、お腹を突き出して後ろに反らせることをします。

 

そうして、重心バランスを調整することで立っているんです。こんな↓感じです。

下半身は前傾になって倒れそうになるので、腰を反らせて上半身でバランスを取る。これで倒れないで立っていられるようになりました。この時点で既に反り腰となって、腰への負担がかかっています。

 

 

反り腰の原因③ 首を前に出す

↑上の画像の状態は、下半身は前傾、上半身は後傾となっており、腰を中心に「くの字」のような姿勢になっています。これで、立つことはできていますが、顔が上を向いてしまって、前を向いて歩けない状態です。

 

これに対応するためにどうするのか?それが、下の画像です。

 

首を前に出して前を向くような姿勢になります。

 

これが反り腰の原因の全貌です。あなたも、鏡を見て自分の自然な姿勢が、反り腰になっていないのかチェックしてみて下さい。この画像は分かりやすいように大げさにやっていますが、意外とこんな姿勢をしている人が多いのも事実です。

 

反り腰の原因④猫背にもなっている

反り腰の状態をもう1度見て下さい。

これって猫背ですよね。

 

猫背の人はこういう状態になっていることが多いです。猫背を治そうと胸を張ったり、肩甲骨ばかり調整していても一向に治らない。猫背の人は、下半身のバランスが反り腰の状態になっているから治らないんです。猫背と反り腰はセットに考えても良いくらい相性が良いです。

 

あなたも反り腰を治せば、猫背も腰痛も自然と改善されていきます。

 

反り腰を続けていると腰とは別の筋肉が硬くなる

反り腰を続けていると、腰に負担が大きくなり、それをかばうために腰とは別の筋肉に無駄な力が入るようになってしまいます。

 

その筋肉が以下の3つの筋肉だと整体サロン千代では考えています。

  • お腹の筋肉
  • 太ももの筋肉
  • 肩甲骨周辺の筋肉

 

反り腰で腰の痛みがなかなか治らないYさんの改善事例

反り腰と腰痛の悩みを抱えるYさんの話

姿勢が悪いというのは昔から気づいていました。でも、姿勢を治そうと壁に背中をつけて立ってみたり胸を広げてみるのを意識したりしましたが治りませんでした。

 

むしろ、反り腰がひどくなっている感じで腰痛も一緒にひどくなってきました。

 

いまでは掃除機をかけたりするのも辛くなり立っているだけでも腰に痛みを感じるようになってしまいました。

 

とのことでした。

 

 

反り腰で腰のの痛みがなかなか治らないYさんの痛みの状態をチェック

Yさんの体の状態をチェックしていきました。

 

の部分が筋肉が硬くなっていた場所です。

Yさんのケースでは、反り腰を長年続けていた結果、お腹、太もも、肩甲骨周辺の筋肉が凝り固まってしまっており、スムーズな動きができず、反り腰の姿勢を強固にしてしまう状態にありました。

これらの筋肉を調整してあげることで、反り腰をしにくい体の状態を作ってあげます。

 

反り腰の改善結果

すごく体が軽くなり、腰痛も改善しました。

 

反り腰の癖も治していく必要があるので、正しい姿勢のアドバイスをさせていただき、姿勢を気をつけてもらうと約1ヶ月で正しい姿勢を意識できるようになり、大好きだった登山も不安なく行けるようになりました。

 

こちらの記事もよく読まれています。

反り腰が治らない本当の原因は!?立ち方から改善のヒントが見えてきました!

 

まとめ

反り腰の人は腰痛になりやすい体の構造になってしまっています。

 

1度腰痛になってしまうと、腰に電気マッサージをしてもなかなか治りません。

 

それは、反り腰が引き起こした腰痛だからです。

 

反り腰を根本的に解決してあげることで、腰痛の痛みは消えていきます。

 

反り腰を治すために必要なのは、まずは硬くなっている筋肉を緩め、動きやすくしてあげること。

 

そして、姿勢改善の正しい知識と意識を継続して生活習慣を改善していくことにあります。

 

反り腰や反り腰による腰痛にお悩みの方

 

力になれる手段があります!もう悩み続ける必要はありません。

 

1度ご相談ください。

つらい腰痛や反り腰のお悩みは、我慢して放置せずに些細なことでもご相談くださいね(^ ^)

 

ご予約・お問い合わせ

施術のご予約はmailまたは、直接お電話にてお願いします。

 

サロンへのアクセス

住所:〒107-0061

神奈川県相模原市中央区鹿沼台1-5-19 コスモタウン鹿沼台102号室

最寄駅:JR横浜線 淵野辺駅より徒歩6分
※駐車場のご用意がございませんので、お車の際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

営業時間:9時~21時

定休日:月曜日

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分の体を自分で守る」をモットーにした整体サロン千代の院長。 体の歪み、筋膜、内臓、生活習慣から不調を取り除くお手伝いをしています。若石健康法マスターとしても、足つぼの技術指導を行っています。